無線LANとは

無線LANという言葉を知っているものの、詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか。
無線LANを知る前に、先ずはLANの知識を身に付ける必要があります。
LANとは「Local Area Network」の略称です。
これは同一の敷地内や建物で構築されたネットワークの意味であり、多くのPC同士を接続することが出来、オフィスや研究機関などを中心として普及されました。
LANだけではインターネットに接続することが出来るというわけではありません。
そこで必要になるのがルーターになります。
ルーターに接続することによって、外部からの不正なアクセスを遮断することも出来ているのです。

LANに接続するためにはLANケーブルが必要だったのですが、アンテナを飛ばして無線で接続することが出来るようになったのが無線LANになります。
無線LANにも世界的標準規格というものがあり、今現在の世界的標準規格は「IEEE 802.11ac」です。
これを用いて有線ではなく、気軽に無線でインターネットに接続することが可能となっているのです。

無線LANは電波を飛ばして接続することになりますので、電波の届かない場所では利用することが出来ません。
電波にも場所によって強弱が生まれてしまいます。
無線LANの親機から近ければ電波が強くなり、遠くなるほど電波が弱くなってしまいます。
特に一軒家なんどでは1階に無線LANの親機を設置した場合、2階では電波が弱くてインターネットに接続することが出来なくなってしまう可能性もあるのです。
それを回避するために利用されているのが、中継機になります。
中継器を利用することによって、無線LANを接続することが出来るエリアを拡大することが可能です。



《Recommend Site》
気軽に無線でインターネットに接続できるポケットwifiの速度などを比較しています ⇒⇒⇒ ポケットwifi

Copyright © 2014 無線LANの中継器の活用法 All Rights Reserved.